GW中の見たまま

今回は、ゴールデンウィーク後半の5月3日~5月6日に見たバスを紹介します。
更新が全体的に遅れていて申し訳ありません。鳥羽臨の記事が未だに書けていませんからね・・・。


5月3日

2w1.jpg

2w2.jpg

2w3.jpg

2w4.jpg

2w5.jpg

2w6.jpg

2w7.jpg

2w8.jpg

2w9.jpg

2w10.jpg

2w11.jpg
こちらは水族館シャトルで梅津京阪の6068、6425、6669です。
ゴールデンウィーク中は水族館シャトルが大混雑となるため、午前中は一般車のみでの運行となりました。
定観車は詰め込みがまったく利きませんからね・・・。
そして出てきた一般車は、このネタに満ち溢れた3台!!
6425は以前に数往復だけ走っているので微妙ですが、6068と6669は感動的です。
6425が80とかだったら最高だったんですがね・・・(笑

10時頃から定観車が走りはじめ、一足先に6669が運用離脱しました。
その後もしばらく残っていた6425と6068は京都駅行も何度か走ったようで、6068だけゲットすることが出来ました。
夕方には定観車だけになっていたので、とても貴重なものが見られました。

翌日の4日も午前中のみ一般車で運行され、6219・6425・6668が充てられたようです。
しかし5日と6日はなぜか朝から定観車が走っており、つまらなかったです・・・。


2w12.jpg

2w13.jpg
こちらは水族館シャトルの臨時便で九条の6398です。
10時過ぎから九条の車両が応援に駆けつけました。
往路のみの臨時で、梅小路公園到着後は回送で京都駅へ戻りました。
以前紹介した1254は何往復もしていましたが、復路も走る臨時はなかなか無いようです。中には往路の1本のみで入庫してしまう便もありますし・・・。


2w14.jpg

2w15.jpg
こちらは水族館・東山ラインで九条京阪の6040です。
ツーステ自体はよく入りますが、6040は初めて見たので撮ってみました。
GWの午前中であるにも関わらず、車内はこんな有様・・・来年に生き残る気がしません・・・。


2w16.jpg
こちらは楽洛東山ラインで九条京阪の6040です。
もちろん99系統の送り込みの便なのですが、この写真は99系統で撮った後に撮影しました。
どうやら、臨206→99→回送→臨206→99という運用になっているようです。
確かに朝の人の動きを考えると、これが1番無駄が無いですね。


2w16a.jpg
こちらは206系統で烏丸の344です。
朝から206乙の定期便で344が走っていました。
前も七条大宮で206乙の344を撮りましたが、アングルがちょっと違うのでお許しください(笑


2w17.jpg

2w18.jpg
こちらは28系統の臨時便で洛西阪急の6281と78です。
GW中は午前中に大覚寺行の臨時便が数本走っていました。
28の臨時はツーステかCNG車ばかりだったので、ワンステは初めて見ました。
普通のノンステはまず入りませんね。


2w19.jpg
こちらは京都バス17系統臨時便の58号車です。
京都バス17系統も臨時便が多数出ており、ピーク時は定期と臨時で10分おきに運行していました。
しかしLED車の充当が多く、幕車は結局この1台しか撮れませんでした。

この58号車350は2002年式の日産ディーゼルワンステで、1両しか導入されていない特異車です。
市バスの344と似た存在ですね。


2w20.jpg

2w21.jpg
こちらは京都バス24系統の67号車です。
京都バスにもエルガの新車が入り、6000番台などのU-代が数台廃車となったようですが、そんな中5700番台がまだ生き残っていました!!
嬉しい限りです。

67号車5790は1993年式の日産ディーゼルツーステで、補助席付きの特定・路線兼用車です。
京都バス幕で走っていたり、このように普通の路線で走っていたり・・・と、幅広く活躍しています。見かける頻度は少ないですが・・・。
窓枠やガラスの感じが他と違うので目を引きます。


2w22.jpg

2w23.jpg
こちらは206系統の臨時便で烏丸の6251と344です。
6251は北大路から206乙の臨時として走って来たようです。
344は午前中は206乙で走っていましたが、夕方に206B京都駅行臨時でやって来て、その後しばらく京都駅で待機してから206乙北大路行の臨時となりました。

千本通側に2本も臨時が出るとは驚きでしたが、東山通での遅延に伴うもののようです。
千本直通便が30分以上来ない!!なんてこともあるわけですからね・・・206Bの臨時ばかりでなく、こういう柔軟な対応もどんどんしていって欲しいものです。


2w24.jpg
こちらは208系統の臨時便で九条の2528です。
よくわかりませんが208の臨時が走っていました。東福寺の観光客で混雑して臨時が出るのは秋なんですが・・・。

よく考えたら京都駅止の「京都駅208」では無く、九条車庫止ですね。
昨秋の夕方に208甲の臨時が出た時はすべて京都駅止だったので、この幕の臨時便はかなり珍しいかもしれません。
しかもLED車というのが凄いですね・・・もちろんツーステだったら大興奮ですが(笑



5月5日

2w25.jpg
こちらは快速205系統の臨時便で西賀茂の1769です。
またまたよくわかりませんが快速205の臨時便が走っていました。
時間帯的には205の臨時が走りそうな頃なんですが・・・。

しかも側面幕だけ101系統京都駅行・・・。
はじめはどの幕が合っているのかわからなかったですが、幕の並びを調べてみるとどうやら快速205で合っていて、側面が1コマずれていただけのようです。


2w26.jpg

2w27.jpg
こちらは75系統で九条京阪の2414です。
夕方の75系統にはハイブリッド車の運用があり、写真のようなLED幕の75系統を見ることが出来ます。
18時を過ぎてもだいぶ明るくなってきたので、今回撮影してみました。

これとほぼ同時に発車する50系統もハイブリッド車の運用となっており、50と75のハイブリの並びが見られてなかなか面白いです。
この日は50系統表示ではなく回送車で待機していたので、回送車の2415と75系統の2414の並びが撮れました。
そうしたら偶然奥に16系統のポンチョが写り込み、3台すべてLED車という写真に・・・これが当たり前の時代が来るのかもしれませんね。



5月6日

2w28.jpg

2w29.jpg
こちらは51系統で九条京阪の6419です。
たまたまこんなものに遭遇して、かなり焦りました。
だいぶ前に51系統の6419を真っ暗な時に撮りましたが、今回綺麗に撮り直せて良かったです。


2w30.jpg
こちらは特59系統で梅津京阪の6423です。
59系統のツーステは特に珍しくありませんが、広沢池・佛大広沢校前経由の特59系統にはツーステ運用が存在しないので、特59のツーステは結構珍しいです。僕は初めて見ました。

連休中はきぬかけの道辺りが大渋滞となり、三条京阪行が午前中から団子運転という有様だったので、運用がぐちゃぐちゃになっていたのかもしれません。


2w31.jpg

2w32.jpg

2w33.jpg

2w34.jpg

2w35.jpg

2w36.jpg
こちらは水族館シャトルの臨時便で九条の1462、1715、686です。
この日は九条による臨時便がたくさん出ており、1462や1715は往路を何本も走っていました。
九条はツーステからハイブリッドまでいろんな車両が入るので面白いですね。ラッピングバスも多いですし・・・。


2w37.jpg
こちらは水族館・東山ラインで九条京阪の1257です。
現在は九条京阪唯一のラッピング車なので、これを一風変わった系統で撮れると結構嬉しいです。


2w38.jpg

2w39.jpg

2w40.jpg
こちらは206B系統の臨時便で烏丸の6405、988、1972です。
この日は北大路行のみの臨時がかなり出ていました。
ツーステの206Bはいい加減飽きてきたので、多区間車のノンステやワンステがわりと嬉しいです。


2w41.jpg

2w42.jpg
こちらは207系統の臨時便で九条の2528です。
水族館を意識してのことなのか、GW中は毎日午前中に1本、207乙の臨時便が設定されていました。
以前紹介した1546のようなノンステばかりが充てられていましたが、GW最終日はなんとハイブリッド車が入りました。
208に続き、レアな臨時がまた2528で撮れました(笑


2w43.jpg
こちらは祇園Expressの臨時便で九条の936です。
臨時札がありませんが、時間的に臨時便のようです。ちゃんと臨時表示をしてほしいですね・・・。

この車両は今となっては臨時便でしかなかなか見られませんが、運行開始当初は2004年式車だけで運行していたので、このような光景が当たり前だったんですね。
試験的な形で走り始めた祇園Expressが、今では臨時便が多数走るほどの立派な観光路線となりました。
しかし未だに公式HPに時刻表が載っていないのが謎です・・・。臨206もですがね。


2w44.jpg

2w45.jpg
こちらは205系統で九条京阪の6419と西賀茂の1768です。1768は臨時便です。
実は6419と臨時の1768という組み合わせは、3月20日に撮ったのとまったく一緒です。奇跡的ですね。
あの時と違う点は、あの時の1768は時刻表に無い臨101からの運用でしたが、今回は時刻表にある臨101第2便からの運用だったということです。
普通の臨101から臨205に流れるのは初めて見ましたが、第2便の運用は北大路に15時半過ぎ到着の便で早々と終了しているので、今回のように金閣寺16時半前発の臨205を走るのは余裕ですね。

6419は朝に51系統で走っていて、15系統での目撃情報もあるので、途中の運用は知りませんが51→15→205と流れるようです。
こんな運用にネタ車が入ると面白いですね。15系統でも撮りたかったです。


2w46.jpg

2w47.jpg

2w48.jpg

2w49.jpg

2w50.jpg
こちらは楽洛東山ラインで横大路阪急の6036と九条京阪の1520、2028です。
横大路から久しぶりに6036がやって来ました。やっぱりツーステはいいですね。
同じツーステでも6291は臨206になかなか入ってくれない印象があります。

1520と2028は、臨時札が非常に見えにくいですが臨時便です。臨時とわからなければ何の意味も無い写真なのですが・・・。
前回の1257と違い、今回はつまらない西工ノンステですが、2台も走ったのはびっくりです。
たまに梅津や九条からも臨206の臨時便が出ますが、どういう加減で出しているのでしょうかね・・・。


以上です。
この数日間は、本当に様々な臨時便が見られました。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ご無沙汰してます。僕は5日に京都バスと市バスに乗ってきました。主に京都バスメインです。特に印象的だった点が67号車の24系統です。国際会館駅前で次のバスを物色していると、突然やってきた24系統国際会館駅止が67だったので、こいつだけはまだ乗ったことが無かったので乗ろうという気になった瞬間、回送で去って行ってしまったのが心残りです。あと、新車のエルガは5日は大原方面で固まっていて17系統定期、17系統臨時、19系統臨時にそれぞれ1台ずつ走っていました。因みにこの日は花園橋で御神輿通過のため、これらの系統は全てダイヤが崩壊してしまったのですが…。(僕の場合、言葉の面白みからダイヤ乱れをダイヤ崩壊という場合があります)

ハイブリット2010年型の並びが見られるとは大したものですね。ただでさえ2台しかいない2010年車が見事に並んで後ろにはLEDのポンチョ。京都市バスの未来が映し出された瞬間でしたね。(笑)

Re: No title

快速205号さん
コメントありがとうございます。

京都バス24系統の67号車、僕は3日に見ましたが、5日にも入っていたんですね。
京都バスには人生で5回くらいしか乗ったことが無いので、67号車ももちろん乗ったことはありません。
廃車されるまでに1度は乗ってみたいですが・・・。

京都バスは新しい車両をメジャー路線に入れる傾向がありますね。
17系統は新しい車両が多く、6000番台などの古い車両はあまり見かけません。

2414と2415がほぼ同時に京都駅を発車する運用を組んだ九条京阪さんが凄いです(笑
2272と2273の並びはなかなか見られないでしょうね。

No title

途中に京都バス58の紹介するような文章がありましたが、会社の枠を取っ払えば完全な兄弟的車両、それも人間で言う双子みたいな関係になります(謎)。2002年式で日産ディーゼルで富士重7Eという点が共通しており、違う点といえばステップの違いぐらいしかないので…。「似た」を通り越している感じもします。

Re: No title

快速205号さん
コメントありがとうございます。

返信が遅くなり申し訳ありません。
試験勉強で必死でしたので・・・。

344と京都バス58号車は似ていますよね。

58号車の車内のレイアウトが気になります。
最後部座席が2+1+2という特徴的なものになっているのか・・・京都バスに乗る機会が無いので確かめられません。
プロフィール

すらいむ*

Author:すらいむ*
ラッピング一覧(9月30日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
訪問者