1月14日の見たまま

またまたご無沙汰してしまいました。
時間が無くて(暇な時はバスを見ていたので)なかなか記事を書けませんでした。
それでは14日土曜日の見たままです。

1v1.jpg
こちらは37系統で西賀茂の6666(HAPPY BUS)です。
前も37系統で紹介しましたが、この春と夏のアングルは初めてだと思います。

46系統は運行開始した頃に撮影していますし、1系統は15日に撮れたので、残るは一番よく見るのになぜか撮れていない9系統のみです。
快速9系統の6666を撮っておけばよかったとしみじみ思います。朝によく見ていたので・・・。
あとは101系統のHAPPY BUSを見てみたいです。2010年秋に6666の充当実績がありますからね。無理でしょうけど(笑


1v2.jpg
こちらは北1系統で烏丸の520です。
撮れたから載せただけです。
北1ってまれにツーステやゲテモノの344まで入るのに、ワンステは絶対入らないですよね。不思議です。
もしかしたら見たことが無いだけで、たまーに走ってるのかな・・・。


1v3.jpg

1v4.jpg
こちらは回送車で錦林の6240です。
最近、錦林の車両が北大路バスターミナルに入っていくのを何度か見ています。
非常に謎です。
錦林の担当路線で北大路に来るものと言えば・・・102系統・・・。
でも102系統はすべて錦林操車なのでありえません。ツーステなど、もってのほかです。

よく見ると、オレンジの服の方が運転しておられますね。
詳しいことはあまり知りませんが、おそらく車両の検査に伴う回送だと思います。
しかしなぜ、烏丸営業所にやってくるのか。
錦林は正式には「烏丸営業所錦林出張所」ですが・・・。なにか関係あるのかな?


1v5.jpg

1v6.jpg

1v7.jpg
こちらは207系統で九条の6046と6075です。
207甲に6075という情報が入ったので急いで四条大宮へ向かうと、不意打ちで207乙の6046が!!
反対車線で、一般車も行きかっていたのでうまく撮れず、ブレてしまいました。証拠写真ということで・・・。
6075は入庫の心配をしていましたが、ちゃんと来てくれました。

ツーステがあまり頻繁に入るわけではない207系統でツーステ、しかも最古参車のすれ違いが見られたというのはかなり珍しいでしょう。
実際には四条烏丸あたりですれ違っていたようです。


1v8.jpg
久しぶりに京都バスの話題です。京都バス73系統の128です。
今となっては貴重な5000番台のナンバーです。
癖でつい京都バスもナンバーを読んでしまいますが、5971と5972は頻繁に稼働しています。
5292・5293あたりは廃車されたのかと思う程見ないです。撮っておきたいのですが、大丈夫かな・・・。
特定車の5788と5789は、16日に回送で円町を走っているのを目撃しました。でも91系統6048の車内だったので撮れませんでした。


1v9.jpg

1v10.jpg

1v11.jpg
こちらは101系統で烏丸の6254・9系統で西賀茂の6239・12系統で梅津京阪の958です。
午後から日が差してきたので、なんとなく堀川丸太町でバス撮影をしました。
珍しいものが来るわけではないので、気分を変えて後側だけを撮ってみました。ちょうど順光になりますし。

堀川丸太町の交差点は道路が盛り上がっているので、特にツーステは縦にぐわんぐわん揺れながら走っていきます。
信号ギリギリを全速力で走り抜けたら、車内はアトラクション状態です。
写真でも、車体の角度がおかしいのは少しわかって頂けるかと思います。


1v12.jpg

1v13.jpg
こちらは202系統で九条の6268です。
202にキュービックが見えたので6075を期待しましたが、まぁその日は207で走ってましたからね。

後部のアイドリングストップバスの文字が消えかかっていますね。
他のキュービックもかなり薄れていたと思います。

気になるのは「乗降中」の表示。「中」だけオレンジ色です。
6038もこんな感じでした。1色で統一された車両もいるので、ここに注目するのも面白そうです。


1v14.jpg

1v15.jpg

1v16.jpg
こちらは西日本JRバスで教習車の534ー4904と331ー4902です。
534ー4904はナンバーが6016なので1994年式車です。高雄京北線で活躍しています。
331ー4902はナンバーが1829ですが、移籍してきた車両で、2004年式エルガミオです。京都駅と立命館大学を結ぶ平日のみの循環バス専用車ですが、秋の高雄臨などでは高雄方面に顔を出すこともあります。

撮影場所はどちらも堀川丸太町と丸太町智恵光院の間です。ということは、どちらも烏丸経由の教習ですね!!
烏丸経由というと1日1往復しか設定されていないレア路線・・・。その教習のようですが、なぜエルガミオ?
JRバスは詳しくないのでよくわからないですが、土曜の昼間にこんな場所でJRバスのすれ違いが見られるとは思いもしませんでした。


以上です。
まだ書きたいことが結構ありますが、時間が無いのでゆっくり書いていきます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

錦林車の烏丸入庫は車両整備と思われます。
6240の運転席メータ上にパウチがありますが、
恐らく「整備」とか書かれていると思います。
そのような回送は目撃したことがあるので多分そうだと思います。
営業所で行われる車両整備の設備が錦林にはないためと思います。

JRバスの訓練ですが、烏丸経由とは…。
そういえば、去年2月か3月ぐらいに市バスで93ルート?(丸太町通)で訓練車が走ってました。
今年もあるのかは知りませんが、3台ぐらい走っていたと思うのであるなら期待できると思います。

No title

烏丸のワンステは204や206によく入るので、比較的空いている北1には入らないのだと思います。ワンステは後部が2+1で収容力が高いですからね。
ここ最近毎朝円町から204のワンステで通学しているのですが、収容力が高く助かります。

錦林車の烏丸への回送は整備回送とみて間違いないでしょう。錦林出張所は1999年に出張所へ格下げされた際に整備場を廃止、西賀茂営業所に統合しています。(土地は売却済み)
ただ、西賀茂で整備を実施していたはずなのにどうして烏丸なのでしょうね…。
だいたい烏丸は整備場も小さいですしほかの部署まで手が回らないような気もしますが…。

烏丸の出張所なのは組織的な都合のようです。烏丸営業所の副所長が錦林出張所の所長を兼ねているからでしょう。だいたい、烏丸は営業所としては最小規模ですし。現業機関的には九条の出張所のほうがいいような気もしますが。

エルガミオの教習車はただ単に余ってただけのような気もしますが、烏丸経由の教習車を1日に2台も走らせているとは何かあったのでしょう。
でも、前には西大路四条でJRバスの教習車を見たことがあります。さすがに何だったのでしょう…

Re: No title

Doonさん
コメントありがとうございます。

なるほど、パウチはそういうことですか。
錦林に設備が無いとは知りませんでした。あくまで「出張所」なんですね。

梅津京阪で93の教習はまだ見たこと無いですね。
65系統が上終町経由の頃、岩倉大鷺町→烏丸丸太町まで乗車したのですが、なんと錦林の6095が練習車で上高野を西進するのを目撃しました。
5系統の教習しか考えられないですが、5系統錦林担当便なんて無いですよね。

その後熊野神社まで南下すると、6095とまさかの再会。東山丸太町交差点を西進していました。これは明らかに93系統錦林代走の教習ですね。
その1年程前にも93教習中の6095を見たことがあり、なぜかレアなシーンばかり見ています(笑

Re: No title

古都民さん
コメントありがとうございます。

収容力の関係ですか。
でもそれなら北8系統のワンステの方がもったいないですよね。仕方ないですけど。

いろいろとすごく詳しいんですね。でも西賀茂地区で錦林の車両は見たこと無いです。今は烏丸なのかな?

烏丸経由の教習が2台とは驚きました。
西大路四条なら回送の教習とかではないですかね。車庫の場所を知らないですが・・・(笑

No title

このブログでははじめまして。UMEさんの掲示板で時々投稿している西。です。
たまにこのブログも拝見させていただいてます。今後とも宜しくお願いします。

今日もJRバスの教習を府庁前で見かけました。僕は93(嵐山方面)に乗車中で、JRバスを追う形だったのですが、なんと千本丸太町で左折。烏丸経由部分のみの教習で、あとは京都駅へ帰っていったようです。

あと、JRバスの車庫ですが、市バスの吉祥院車道町バス停付近にあります(詳しい場所までは知りませんが・・・)。

No title

去年2月に産大エクスプレスにワンステップの1972が入っていたのを見たことがあります。
錦林の車両が烏丸営業所への回送は何回か見たことあります。北大路通や百万遍で見たことあります。錦林の車両は急行101系統の臨時便に入ることもあります。烏丸営業所の給油所と洗車機は地上にあるようですね。

No title

JRバスの操車は京都駅で行うので、基本的に西大路通を経由する回送を行わないはずなんですよね…教習をする必要もなさそうですけどね。

烏丸営業所は小学校のときに社会見学で行ったことがあるのですが、洗車機・給油所が地上にあります。給油所は消防法の加減だそうです。降り場から少し奥に行ったところに地上に上がるスロープがあります。そして洗車機・給油所を経て車庫の奥に降りる形となっています。

社会見学のときは1998年度導入の日デリフト車のリフト実演がありました。当時31・65号は烏丸の担当でしたので。日常的に出会う九条のリフト車と違い中扉だったことに違和感を覚えた気もしますが…

Re: No title

西。さん
コメントありがとうございます。

こちらでは初めまして、ですね。これからもよろしくお願いします。

千本丸太町で左折ですか!!烏丸経由部分のみの教習とは・・・。
もしかすると僕の見た2台も、部分的な教習だったのかもしれないですね。

車庫の場所のご教示、ありがとうございます。
その辺りでJRバスを見たことは無いですねぇ。行く頻度が少ないだけでしょうけど(笑

Re: No title

近衛通さん
コメントありがとうございます。

僕は去年の2月4日、北大路方面で多数の臨時が運行された日に、産大Express臨時のワンステや6406を見ました。
2月5日の土曜日には6253も見ましたが、今考えると多区間装備をしていない車両が産大Expressに入るとは驚きですね。
2月4日は、206系統に6254、204系統臨時に6252、北8系統臨時に6401、産大Express臨時に6406、練習車に6277というように、烏丸のツーステが様々な所で活躍していた日でした。
今年も要注目ですね。

錦林車による臨101系統は確かにありますが、現在は臨101系統の運行期間外ですので、説明を省きました。
烏丸営業所構内はいろいろと複雑ですからね・・・。

Re: No title

古都民さん
コメントありがとうございます。

そうなると西大路四条での目撃は確かに謎ですね・・・。

小学校の社会見学でそんな貴重な経験をさせてもらえるとは・・・!!
いいですねぇ。一緒に行きたかったです(笑

地下バスターミナルということで構造も複雑で、それにより車両の制限なども出てくるわけですね。
プロフィール

すらいむ*

Author:すらいむ*
ラッピング一覧(9月30日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
訪問者