1月1日の見たまま

1月2日夕方~1月6日夕方まで、里帰りで神奈川は小田原に行って参りました。
宴をしたり、ゲームで遊んだり、書き初めをしたり、小田原城へ行ったり、はたまた小田原駅でバス撮影をしたり・・・。なかなか充実した日々でした。
「京都市バス以外の見知らぬバス」としてその辺を走っているバスを結構撮って来ましたが、系統も車両もなんのこっちゃわからないので、こちらで紹介するかはわかりません。

というわけで更新が遅くなりましたが、1月1日に加え、1月2日に見たバスもこちらで紹介します。


まずは1月1日に見たバスです。
1月1日は「阿含の初護摩」が行われ、それに伴い京都駅八条口~阿含宗総本山の臨時バスが運行されました。

1t19.jpg

1t20.jpg
1便目は九条の6282です。
太陽の具合を考えて三条京阪で撮影しましたが、三条京阪前はまさかの通過。
バス停に停まっている時を狙うつもりだったので焦りましたが、ほとんどはなんとか撮れました。


1t21.jpg

1t22.jpg
2便目は西賀茂の6236です。
西賀茂からはるばるやってくるとは、ちょっと予想外でした。
撮影場所は信号が近いので、信号停車する西行の車が多いと思い切り被ってしまい、6236がそのパターンでした。
急いで走って東の方へ行き、車が切れた所でなんとか撮ることが出来ました。
信号次第なのでひやひやです・・・。


1t23.jpg

1t24.jpg
3便目は烏丸の6400です。
2枚目は2周目の写真です。公式側を撮ってみてわかったのですが、入口付近に阿含宗臨時バスというようなことを書いた紙が貼ってありました。


1t25.jpg
4便目は錦林の6247です。
錦林まで来るとはびっくりです。せっかくなら6095が来たらいいのに・・・。


1t26.jpg

1t27.jpg
九条→西賀茂→烏丸→錦林と来たら・・・?
はいもちろん、5便目は梅津の6033です。
6033は6032と違い、床が未更新で緑色のままです。また、LED行先表示機がやや壊れていて、変な点滅・停止を繰り返したり、見ていて面白いです。
どなたかがYoutubeにこの壊れた表示機の動画を投稿されていましたが(しかも九条所属時代。そんな時から壊れていたんですね)、乗った際にはそこに注目してみてください(笑


1t28.jpg

1t29.jpg
6便目は梅津の6076です。
この6076は6033と団子でやって来ました・・・。
2台とも梅津ということから、6033の続行便として運行されていたようです。
他はどれも8分毎くらいにやって来たので間違いないでしょう。

団子のくせにどちらも空いていますね・・・。


1t30.jpg
7便目は九条の6038です。
6076の8分後に来た6038は混んでますね・・・。
実はこの6038だけは、三条京阪前に停車しました。運転士の親切心かな。
他はどれも待ってる人がいてもスルーだったので・・・。停車してくれて僕も助かりました(笑
そういや3台連続で最古参車ですね。うれしいです。

阿含の初護摩臨時バスは以上です。
2周目は6236→6282→6400→6247の順でやって来ました。あとは撤収したのでわかりません。
それにしても、直営の各営業所からツーステをかき集めてくるので、なかなか面白いですね。


1t31.jpg

1t32.jpg

1t33.jpg
こちらは楽洛東山ラインで西賀茂京都の6667と九条京阪の1533です。
6667はいい加減、臨206でも見慣れてきました。
1533はよくわからないですが、珍しいのかな・・・。普段はツーステです。


1t34.jpg
撤収途中に見かけた、15系統で九条京阪の1257です。
1257はこの度、河合塾のラッピングバスとなりました。河合塾はこの1両しか確認していません。
元日に初めて見ましたが、年末から走っていたようです。

九条京阪のラッピングバスは久しぶりです。
ねねの湯の6073が解除されてから、九条京阪には1台もいなかったですからね。


1t35.jpg
こちらは102系統で錦林の1513です。
京ちゃんバスの代走です。先日、この代走に鶴屋の1145が走っていましたが逃しました・・・。
これにツーステが入ったりはしないかな、と期待しているのですが・・・。まぁ無いだろうなぁ。


1t36.jpg

1t37.jpg

1t38.jpg

1t41.jpg

1t39.jpg

1t40.jpg
こちらは50系統の臨時便で九条京阪の74、6074、73と九条直営の1396!!です。
元日の50系統は北野天満宮へのお客さんでいっぱいでした。
京都駅の時点で大量に積み残すほど酷かったようで、50系統の臨時便が多数運行されました。

50系統の臨時は特別な時しか見られないので、貴重なものです。
そんな中、九条直営からも応援として駆けつけていました。九条の臨時50は、おととしの「京の七夕」開催時に、京都駅行の続行便として6267が走っているのを見ましたが、それ以来でした。
ただ、九条京阪には連番の1397と1398が在籍しているため、外見はいたって普通なのが残念・・・。6294とか来たら最高なのに(笑

1396の前面の写真が真正面になってしまい、先程の102系統のようにうまくいきませんでしたが、北野天満宮付近=北野白梅町は人と車でごった返しており、交差点は酷い混乱でした。50系統のように北から来て左折する車両が特に悲惨で、1回の信号で1台も曲がれない時もありました。
そのような状況であったため、1396が曲がった瞬間は手前に車があって被ってしまい、この写真しか撮れませんでした。

1t42.jpg

1t43.jpg

1t44.jpg

1t45.jpg

1t46.jpg

1t47.jpg

1t48.jpg
こちらは臨50系統で烏丸の1795と梅津の876です。

臨50系統は初登場ですので、少し解説します。
臨50系統は50系統の臨時バスで、北野天満宮への客が多い日=毎月25日の「天神さん」の日に運行されています。しかし25日でも運行されない時もありますし、なぜか26日の土曜日に運行された時もありますので、かなり柔軟な対応を取っているようです。

幕が普通の50系統と違いますよね。梅津と烏丸には普通の50系統の幕は入っていませんが、その代わりに白地幕時代の旧幕50系統立大行を装備しており、臨50系統として梅津や烏丸から駆り出された時は、この旧幕と、復路は写真のような京都駅幕を使用します。京都駅行の旧幕は入っていないのが面白いですね。なかなか見られない貴重な幕ですので、今回初めての撮影でした。白地だと臨時な感じが出て目を引きます。

ちょっとしたことですが、通常の往路の幕では英語表記が「Ritsumeikan Univ.」となっていますが、臨50系統では「Kitano Tenmangu」となっています。臨50系統は北野天満宮の多客対応なので、これで良いかもしれないですね。

烏丸からはワンステが来ましたが、これは珍しい方かもしれません。普段はツーステが多いです。
梅津は最近、このくらいの時期のバスがよく入るようです。6100とか入れてもらいたいものですが・・・。



ここから1月2日に見たバスです。
1月2日は夕方からもう家を出てしまうので、午前中に堀川丸太町でひたすら50系統を見ていました。

1t49.jpg

1t50.jpg
こちらは50系統で九条直営の1255!!です。
2日は50系統の混みはどうかなぁと思い堀川丸太町に行くと、案の定50系統は激しい混雑。これは臨50系統出てそうだなと思い待っていると、定期便になんと九条直営車がやって来ました。突然のことだったので、非常に驚きました。
でもそういえば、以前50系統の臨時便が多数運行された日に、定期便に九条の1517が入っていたのを思い出しました。
こういう日には九条からも応援に来るんですね。定期便なのが謎ですけど・・・。

しかもこの1255は京都ハンナリーズのラッピングバスです。普段205系統でよく走っていますが、まさか50系統で見られるとは思いませんでした。2度と無さそうですね。貴重なものが見られました。


1t51.jpg

1t52.jpg
こちらは50系統の臨時便で九条京阪の6274と6399です。
2日も臨時50が運行されましたが、見たのはこの2台だけです。どちらもあまりきれいに撮れなかったのが残念です。


1t53.jpg

1t54.jpg

1t55.jpg

1t56.jpg

1t57.jpg

1t58.jpg

1t59.jpg

1t60.jpg
こちらは臨50系統で梅津の715と烏丸の6254です。
やはり来ました、臨50系統!!
往路の時点で、715の5分後に6254がやって来たので、復路はほぼ団子状態でした。臨50系統が2台連なっているのを見たらびっくりですよね。
烏丸はツーステが来ました。これが普通ですが、やはり嬉しいですね。でも翌日には6062が入っていたようです。撮りたかった・・・。


長かったですが、以上です。
年始の50系統は熱いですね!!
臨50系統がたくさん撮れて良かったです。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

6074の50系統いいですねー。やっぱり五条時代から50といえばキュービックというイメージです。
最近の50はなんかイカツく感じます。

Re: No title

名無しさん@ニュース2ちゃんさん
コメントありがとうございます。

五条営業所がある頃の市バスを僕はほとんど知りませんが、確かに50系統はキュービックの印象が強いですね。

まったく関係ない51系統の話ですが、中学の試験日の朝に51系統のある便(ツーステ・フルフラットノンステ・リフト付きワンステのいずれかが入る)を狙って、201系統で1本で行けるものをわざわざ乗り継いでその便に乗っていたのも良い思い出です。
高確率で最古参ツーステが来ますし、朝ラッシュ時間帯であっても51系統なので着席可能という本当に大好きな便でした。
ダイヤ改正で今は違う運用になっているようです。通学も地下鉄になりましたし・・・。

No title

51から地下鉄通学に変わったということは、あの中学ですね…。

51は今でこそキュービックとかですけど、私としては日野のイメージが残ってます。
15も同じく西賀茂時代がかなり長いですが、九条京阪になってすぐのいすゞ車にはかなりの抵抗がありました。毎日代走を見てる気分w

Re: No title

名無しさん@ニュース2ちゃんさん
コメントありがとうございます。

そう、あの中学です。推測は容易ですね。

15や51の西賀茂時代、実際の記憶はまったく無いのですが、サイトなどを見て少しは知っていました。
10に5939が走っていたという記憶が限界の僕にとっては、55のブルシチの写真は驚きでした。
見ている時代が違えば、この系統にはやはりこれ、などという印象がみんな違ってきますからね。人それぞれだなぁと感じさせられます。

No title

五条が50号を担当していたのが1983年から2001年までなのですが、転属先の九条でもキュービックが幅を利かせていたのが原因なのか、あんまり変化を感じない転属だったような気がします。
1983年以前は三哲支所の担当だったそうですが…

小学校の頃バス通学をしていたので(北区役所の隣にあるあの小学校です)、そのころは205号にもキュービックが多数入っており、通勤客とR星の生徒でごった返す車内をあの少ない運行本数でまかなっていたなと今更ながらキュービックの収容力の高さには敬服します。あのころの205号は今の2/3程度の運行本数しかありませんでした。ただ、時刻表上では1本でも2~3台同一時刻で運行しているケースが多々ありましたが。ついでに当時のリフト車のダイヤではツーステ+ノンステ+リフトの3台をひとくくりにして同一ダイヤで走ってました。

朝の通学の際には循環の快速205号にもお世話になったのですが(帰りは2限終わりでないと乗れなかった)、専らツーステ専従で、最後までノンステが入ったのを見なかった系統だったりします。市バス専用カードの図柄の・・73の快速205号は、側幕の感じからすると循環のような気がしますが。しかしこのデザインもなかなか変わりませんね…。その上、73は九条生え抜き(2007/3/10で委託化されたが)なので投入以来快速205に入るチャンスは多々あるのですが、なかなか入ってくれません。

キュービックは自分自身の通学において、今も昔も重要な役割を占めているのでずっと現役で活躍してほしいですね。

Re: No title

古都民さん
コメントありがとうございます。

五条営業所といえば78系統などもそうだったようですね。
イメージと違うものが多く、驚くばかりです。

ツーステ・ノンステ・リフト車の同一ダイヤ運行とはすごいですね・・・。
循環の快速205系統は1度乗ってみたかったです。
73の快速205ですが、2011年3月ダイヤ改正以前なら九条京阪のツーステと同じく、よく見られたんですがね。
市バス専用カードで思い出しましたが、車内にある1日乗車券カードの案内のイラストは、6419か6420の快速205系統になっていた気がします。
快速205系統と初期ノンステの組み合わせが好きですね(笑

キュービックの収容力は確かに素晴らしいですからね。できるだけ長く活躍してほしいものです。
プロフィール

すらいむ*

Author:すらいむ*
ラッピング一覧(8月11日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
訪問者