鳥羽臨2015

10l1.jpg
藤棚で有名な鳥羽水環境保全センターの一般公開が4月25日~4月28日に行われています。
27日と28日は見に行けないので、25日と26日の様子を早速紹介します。
担当営業所は去年とまったく同じでした。

まずは京都駅八条口~鳥羽水環境保全センター(東1号門)のシャトルバスです。だいたい4~20分間隔で運行されました。
係員が配布している乗車券を貰うと100円で乗車できます。一日券もOKです。
なお、今年から発着場所が京都駅八条口アバンティ前西行ではなく、京都駅八条口西行となりました。
そのため鳥羽行は京都駅八条口アバンティ前→烏丸通から、京都駅八条口→油小路通→九条通→烏丸通へ、京都駅八条口行は烏丸通→九条通→竹田街道→京都駅八条口アバンティ前から、烏丸通→京都駅八条口へ変更されています。

10l2.jpg

10l3.jpg
梅津の6272、6271です。
25日は6272、26日は6271でした。梅津は場内循環を担当しているので、その送り込みですね。
鳥羽臨の定番撮影地と言えば九条烏丸でしたが、経路変更により鳥羽行は九条烏丸を西から南へ右折という形になりました。
・・・が、6272だけはなぜか無人で九条烏丸を直進して行きました(笑



10l4.jpg

10l5.jpg
烏丸の6406、6251です。
25日は6406、26日は6251でした。こちらも場内循環の送り込みです。
今年はずっと快晴だったので、撮影地のレパートリーが非常に少ないです・・・。



10l8.jpg

10l9.jpg

10l10.jpg

10l11.jpg
西賀茂の6239、2081、2094です。
西賀茂は両日とも6239で、場内循環の送り込みです。
ただ25日は突発で2081と2094も走っていました。



10l12.jpg
九条の1227です。
25日は1226、26日は1227でした。
九条は直営でありながらシャトルのみで、理由はもちろん、車両がすみとくんバスとひかりちゃんバスだからです(笑
1227が客を乗せたまま駐車場の方へ曲がっていったのは驚きましたが・・・。
折り返してくることも無かったので、場内循環のコースでせせらぎ広場まで行ったのか、場内循環に乗り換えさせたのか、詳細は不明です(笑



10l6.jpg

10l7.jpg
錦林京都の343、1146です。
25日は343、26日は1146でした。錦林京都はシャトル専門です。
1146に乗車しましたが、どうやらシャトルは臨84B系統という名前が付いているようです。



10l13.jpg

10l14.jpg

10l15.jpg

10l16.jpg
梅津JRの2272、2530、2651、2973です。
25日は2272・2530・2973、26日は2272・2651・2973でした。梅津JRもシャトルのみです。
梅津JRは完全にハイブリ固定でした。
2651の梅津(JR)営業所の臨時札は久しぶりな気がします。


10l17.jpg

10l18.jpg

10l19.jpg

10l20.jpg
洛西近鉄の6281、6286、78、1493です。
洛西は台数が多いので、25日と26日で分けます。
1493以外は場内循環の送り込みで、後から6285もやって来たようです。
6286はこの運用の前に、事務用?で片道だけ走っていました。
一昨年まではその役目を西賀茂が担っていましたね。


10l21.jpg

10l22.jpg

10l23.jpg

10l24.jpg

10l25.jpg

10l26.jpg
洛西近鉄の6280、6281、6285、6286、6667、1172です。
26日はかなり数が増えました。
ツーステが全車やって来たのも驚きましたが、6286が白幕なのも驚きです。
回送車になると幕を巻き切ってしまったようで、前後とも幕無しで走っていました(笑

6667は3年ぶりの鳥羽臨ですね。26日は6667が先に会場入りしていました。
おそらく6280・6281・1172はシャトルのみです。撮れませんでしたが2664も見かけました。



続いて、場内循環です。
無料で駐車場とせせらぎ広場(藤棚前)を結ぶバスで、10分間隔で運行されました。

10l27.jpg

10l28.jpg

10l29.jpg
西賀茂の6239、烏丸の6251、洛西近鉄の6285です。
今年はシャトル中心で、場内循環はあまり撮影しませんでした。
幕も京都市バス幕ではないので、シャトルと変わりませんからね・・・。

ここまで見てきて既にお気付きかと思いますが、場内循環はステップ車で固められており、場内循環に関わらない車両はノンステばかりでした。
ステップ指定がかかっているのかと思いますが、来年以降は場内循環もノンステばかりになるのでしょうか。



最後は竹田駅西口~鳥羽水環境保全センター(東1号門)のシャトルバスです。
だいたい10~20分間隔で運行されました。運賃は京都駅便と同様です。

10l31.jpg

10l32.jpg

10l33.jpg

10l34.jpg

10l35.jpg

10l36.jpg

10l37.jpg

10l38.jpg

10l39.jpg

10l40.jpg

10l41.jpg

10l30.jpg
横大路阪急の6283、6284、6400、6401、6514、6515です。
竹田駅便はすべて横大路阪急担当で、25日は6283・6400・6514・6515・6516・1772、26日は6283・6284・6400・6401・6514・6515でした。
去年は竹田駅西口とだけ書かれた札1枚でしたが、今年は往復表示となり、さらに謎のTM1札も掲出されました(笑
TMは鳥羽水環境保全センターの略なのでしょうが、乗客にとっては何のこっちゃですね。


以上です。
ツーステが随分数を減らした今となってはとても貴重な、ツーステに溢れる素晴らしい鳥羽臨でした。
なお、27日と28日も本数は少ないですが臨時バスは運行されます。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

今年の鳥羽臨は平日も運行しますね。私は28日は学校のため撮影はできないですが、今日は撮影可能です。でも快速205系統や臨202系統や学1系統など、通勤系統も運行されているため、ツーステが運行されないかもしれないので、撮影完了次第また報告します。

Re: No title

白江宙さん
コメントありがとうございます。

今日の様子はいかがでしたでしょうか。
ご報告お待ちしております。
プロフィール

すらいむ*

Author:すらいむ*
ラッピング一覧(9月30日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
訪問者