2014年度廃車

2015年1月下旬から3月上旬にかけて、2014年度新車が40両納車され、それに伴い34両が廃車されました。
今年は6両増車で、在籍車両数は794両となっています。
なお、代替車については推測も多いですので、参考程度でお願いいたします。


10f1.jpg
1台目は梅津JRの6421で、代替は梅津JRの2973です。
初っ端から個性の強い車両が消えました。
6421はディーゼル電気ハイブリッドバスHIMRですが、なぜか前面と公式側の低公害車マークが無くなっています。
そしてHIMRで唯一の座席が更新されていない車両で、さらに市バスで唯一のナンバーフレーム取付車という、とにかく変わった車両でした。
そんなハイブリツーステを置き換えたのは、偶然にもハイブリノンステです(笑



10f2.jpg
2台目は梅津JRの6422で、代替は梅津JRの2974です。
こちらが普通な外見のHIMRです。
6421・6422は2014年2月に西賀茂京都から梅津京阪へ転属し、初めて梅津車庫にHIMR5台が揃いましたが、それも1年間で終わってしまいました。
ちなみに6423~6425は現役です。



10f3.jpg
3台目は洛西近鉄の6287で、代替は洛西近鉄の2975です。
6287はかなり早くから運用離脱していたようです。
ここ1年は巡り合わせも悪く、新幕は西3復路でしか撮影出来ませんでした。



10f4.jpg
4台目は洛西近鉄の6288で、代替は洛西近鉄の2976です。
車体は違うものの、連番での廃車です。
銀ワイパーで整理券車ステッカーの無い姿が特徴的でしたが、最後の1ヶ月程度は整理券車マグネットが付いていましたね。
去年6289・6290が廃車されるという状況で、6288はよく生き残ったものだと思います。



10f5.jpg
5台目は西賀茂の6226で、代替は西賀茂の2980です。
2年前に丸目ブルーリボンが消滅し、いよいよ角目ブルリも数を減らし始めました。
KC-HUの廃車は、2005年度事故廃車の6233以来となります。



10f6.jpg
6台目は西賀茂の6227で、代替は西賀茂の2981です。
6227といえば、6086と共に公営交通100周年記念ヘッドマークを付けていましたね。



10f7.jpg
7台目は横大路阪急の210で、代替は横大路阪急の2982です。
CNGボンベの耐用年数が15年なので、ついにCNGノンステの廃車が始まりました。
情けないことに旧幕の写真しか無く、210にいたっては一眼の写真すらありません。
210は休車期間が長く、運用離脱も早かったようですね。
乗車も叶わず、後悔ばかりの車両です。



10f8.jpg
8台目は横大路阪急の211で、代替は横大路阪急の2983です。
210・211は完全な81専属車だったものの、2014年1月には奇跡の珍運用もありました(笑
元々数の少ない富士重工ボディですが、残るは344・364・365・366の4台のみになってしまいました。
来年にはCNGの364~366が消えると思われるので、いよいよ344が貴重な存在になりますね。



10f9.jpg
9台目は錦林京都の6240で、代替は錦林京都の2984です。
錦林もKC代の廃車が始まりました。
6240は床は未更新で、座席のみ更新されています。
このタイプはU代では多いのですが、KC代では6240・6304・6305・6306・6423・6425のみです。



10f10.jpg
10台目は錦林京都の6247で、代替は錦林京都の2985です。
日野西工車の廃車は6年ぶりになります。
U代は2008年度で早々に全廃されていましたからね・・・。



10f11.jpg
11台目は西賀茂の6228で、代替は西賀茂の2989です。
ここから、エルガで置き換えられた車両に入ります。
西賀茂は番号の若い車両から順番に廃車になっているので、元西賀茂京都車がどんどん消えていきます。



10f12.jpg
12台目は西賀茂の6229で、代替は西賀茂の2990です。
6229の代替は2990と書いていますが、2989の車番札が6229のものを使っているように見えるので、代替車が入れ替わっているのかもしれません。
たまにこういうことがあるので、代替車はあくまで推測と断っておく必要があります・・・。



10f13.jpg
13台目は横大路阪急の6036で、代替は横大路阪急の2991です。
横大路の名車、6036が引退を迎えました。
2008年度の94年式大量廃車を乗り越え、新耐用年数18年の壁をも打ち破り、ついに20年の大台に京都市バスで初めて到達した車両でもありました。



10f14.jpg
14台目は横大路阪急の6039で、代替は横大路阪急の2992です。
委託先は別々になりながらも、横大路で6036と共に20年と5ヶ月間活躍した6039も、同時に引退となりました。
これによりU-MPが全廃、緑色の床も消滅しました。寂しい限りですね。



10f15.jpg
15台目は西賀茂の6230で、代替は西賀茂の2994です。
エルガは短尺のほうが先に納車されたということが理由として大きいですが、廃車前半は日野車が目立ちますね。
去年日野の廃車が0だったのが嘘のようです。



10f16.jpg
16台目は西賀茂の6231で、代替は西賀茂の2995です。
西賀茂には2996も納車されましたが、西賀茂の廃車は以上になります。



10f17.jpg
17台目は錦林京都の6248で、代替は西賀茂の2996です。
2996納車により西賀茂から錦林京都へ6232が転属し、錦林京都の6248が廃車となりました。
西賀茂にいる元西賀茂京都組6226~6232の内、6232だけが転出という形で一命を取り留めました。
同車種でさらに若い番号の車両に置き換えられるとは、皮肉な話ですね。



10f18.jpg
18台目は梅津の6076で、代替は梅津の2997です。
最後のU-LVとして快速205で活躍した6076も引退を迎え、U-LV、そしてU代がついに全廃となりました。
2月上旬に6036・6039が引退してから3日間だけ、6076が最後のU代となっていたわけですが、6076は立大が休校期間に入る1月下旬には姿を消していたので、あまり実感が湧きませんでしたね。
6076は、降車チャイムが途切れない高めの音で4回という面白い車両でした。



10f19.jpg
19台目は梅津JRの6218で、代替は梅津JRの3010です。
95年式のトップナンバーです。
梅津京阪時代は、10や93で幾度と無くお世話になりました。



10f20.jpg
20台目は梅津JRの6220で、代替は梅津JRの3011です。
普通なら6218と6219がセットで廃車になるように思いますが、3010・3011納車後も6219が動いていたことと、6220が姿を消したことを考えると、どうやら6218と6220という組み合わせになったようです。



10f21.jpg
21台目は九条の6276で、代替は九条の3012です。
九条の廃車分に入ります。
まだ大丈夫だろうと高をくくっていたふそう車がいすゞ車より先に落ち、驚きを隠せません。



10f22.jpg
22台目は九条の6278で、代替は九条の3013です。
九条のツーステといえば205系統でしたね。
これは廃車3日前で、晴れているという理由だけで特に目的も無く撮影していたのが功を奏しました。



10f23.jpg
23台目は九条の6402で、代替は九条の3016です。
96年式のふそう車までもが廃車に・・・。
6402はラッピングの名残で、入口横に市バスステッカーがありました。これは6248もですね。



10f24.jpg
24台目は九条の6403で、代替は九条の3017です。
結局九条のふそうツーステは6282だけになってしまいました。
6282だけ生き残ったというのも驚きですが、ふそう全滅とならなかったのは何よりの救いです。



10f25.jpg
25台目は烏丸の6253で、代替は烏丸の3018です。
KC-UAも廃車が出ました。
廃車前日には運用離脱するのが普通ですが、6253は廃車前日に206Bで撮影していました(笑



10f26.jpg
26台目は烏丸の6254で、代替は烏丸の3019です。
UAツーステは単区間車でしたが、新車は兼用車になっていますね。



10f27.jpg
27台目は梅津JRの6219で、代替は梅津JRの3027です。
6218・6220の1週間後には6219も引退し、西工B-I型のKC-LVが消滅しました。
6218・6219は最後の1年間、梅津JRの兼用車として高雄系統でも活躍しましたね。



10f28.jpg
28台目は烏丸の6255で、代替は烏丸の3028です。
烏丸は6253~6255が廃車で、6251・6252は残存しています。
6255の代替も整理券車で導入されており、代わりに単区間車に変更された車両がいるようです。



10f29.jpg
29台目は横大路阪急の6291で、代替は烏丸の3029です。
3029納車により烏丸から横大路阪急へ6400が転属し、横大路阪急の6291が廃車となりました。
長らく横大路唯一のエアロスターMとなっていた6291も引退です。
1台モノということで、6291には色々と楽しませてもらいました。
U代以上に状態は悪かったと思います。



10f30.jpg
30台目は九条京阪の6419で、代替は九条京阪の3040です。
京都市初のノンステップバスが引退を迎えました。
日産ディーゼルの97年度試作ノンステが2年前に廃車された中、ふそうの96年度車はよく頑張ってくれたと思います。
ニューエアロスターはもうCNGノンステだけですね。



10f31.jpg
31台目は九条京阪の6420で、代替は九条京阪の3041です。
中扉にグライドスライドドアを採用しているのはこの2両だけで、グラスラという愛称もありました。
中扉が特殊なので、昔から混雑する路線や時間帯を避けて運用されてきた車両でもあります。
最後の1年間は71・特71固定で、休日を中心に50の運用も少しありましたね。
6419のみ床と座席が更新されているため、車内は2台でまったく違う雰囲気でした。
僕は車内未更新かつ降車チャイム6回の6420が断然好きでしたが(笑



10e24.jpg
32台目は洛西近鉄の6292で、代替は洛西近鉄の3043です。
6288が消え、6291が消え、残された6292・6293にはなんとかもう1年生きてほしかったのですが・・・。
元洛西阪急組は69や91で何度も乗車しました。



10f32.jpg
33台目は洛西近鉄の6293で、代替は洛西近鉄の3044です。
京都市バスのエアロスターMが姿を消しました。
僕は丸目のバスが好きで、丸目ブルリや西工丸目もかなり上位ではありましたが、その中でもエアロMが一番好きだったのかもしれません。
京都市中心部を走るエアロスターMも残るは西日本JRバスのみ、京都市バスの丸目も残るはポンチョのみです(笑



10f33.jpg
34台目は九条の6267で、代替は九条京阪の3051です。
3051納車により九条京阪から九条へ1520が転属し、九条の6267が廃車となりました。
なお、代替車が3052の可能性も十分にあります。
今年で淘汰されるかもとさえ思っていた純正KC-LVの廃車は、この1両のみに留まりました。
6267は走行時に異音を発していたので、納得せざるをえません。


今年の廃車は以上の34両です。
内訳は、いすゞ5両・日野11両・三菱ふそう13両・日産ディーゼル5両となります。
6265・6303・6221・6264とV8エンジン車の早期廃車が相次ぎ、去年もかなりの台数が廃車となったので、今年もその流れかと思いきや、ここに来ていすゞ車は強かったですね。
その代わりにふそう車が大粛清を食らい、西賀茂の日野車も一気に減りました。

今年94年式が全廃となったことを考えると、来年には95年式全廃と考えるのが自然ですし、96年度車もある程度の廃車が出ると思われ、もちろんツーステ全廃の可能性も否定出来ません。
ツーステの華々しい活躍も、今年いっぱいということになるでしょうね。


以上です。
なお、今回の廃車車両については、廃車回送や、車庫敷地外から見た廃車体、生き残った車両など、様々な目撃情報を総合して、廃車車両すべての確証を得た上で、記事を掲載しています。

コメントの投稿

非公開コメント

今年度の廃車は個性のある車両が多いですね。個人的には九条の6402、6403の廃車に驚いています。洛西時代に西系統でお世話になりました。活躍期間は違いますが、どの車両にもお疲れ様でしたと言いたいですね。

今年はキュービックの廃車が1台だけなのに驚きました、6271と6272が残ってくれたのは嬉しいですが、HIMRとエアロスターM、グラスラが廃車なったのがとてもショックです。

No title

ツイッターなどで話題になった感動のグランドフィナーレを終えて6036が引退してから早いものでもうすぐ2か月がたちますね。ここ最近、撮影日数が激減したこともあるとはいえ、今もまだ実感がわかないでいます…。
今も残っているかどうかはわかりませんが、数年前、確か6267だったと思うのですが、205で走行中にギアが入らなくなるということで運転打ち切りとなった際の動画がYouTubeに挙げられてて、それを見たことがあったわけですが、そのことと今回の廃車の関係性が気になります。

Re: タイトルなし

たかしさん
コメントありがとうございます。

一昨年のU-HU全廃もかなりショックでしたが、今年はそれに匹敵する、もしくはそれ以上に悲しい別れがいくつもありました。とはいえどれもよく頑張ってくれましたね。
6402.6403が引退とは僕も意外でした。6402のギア鳴りは気になっていましたが、それを言えば九条京阪の95年式はどうなるんだという話です(笑

Re: タイトルなし

56-0839さん
コメントありがとうございます。

純正キュービックが1台だけとは僕も驚きです。
都市低床は去年に3台減っているので、今年で6271.6272も終わりかと思いましたが、嬉しい予想外でしたね。
HIMRはあと3台生きているのでまだ救われるとはいえ、個性の強い車両の引退は寂しいものですね。

Re: No title

快速きらら205号さん
コメントありがとうございます。

早くも2ヶ月ですか•••横大路の58MCが走って来ても角目に決まっているというのは、物足りなさを感じます。
そのような動画がありましたか。状態が良くなかったことは確かでしょうね。

No title

確かに九条京阪の6273のギア鳴りも気になりますよね。
今回で廃車になるかと思ってましたが残るなんて思ってもいませんでした(笑)
グラスラの廃車は意外でしたが状態は悪かったんでしょうか・・・。

No title

さりげなく河原町五条の203系統ですね。
高雄の紅葉も綺麗です。

Re: No title

keiさん
コメントありがとうございます。

一時期6274も酷かったですからね・・・。
グラスラは、走行音を聴く限りではしんどい感じはありませんでしたが、初期ノンステゆえに扱いにくかったのではと思います。

Re: No title

NAOさん
コメントありがとうございます。

203は祇園祭の迂回時のもので、気付いて頂けて良かったです(笑
この記事では1台につき1枚しか載せないので、どれを載せるかはかなり熟考しました。

高雄Expressで高雄へ行った時は、せっかくだからキュービックで高雄へ行ってみようという程度の動機でしたが、結局それが市バスのツーステで高雄へ行く最後の経験となり、行っておいて良かったとしみじみ思います。
風景写真はあまり撮らないほうですが、秋らしいこの1枚は僕もお気に入りです(笑

Re: No title

コメントありがとうございます。

公開コメントでも問題無い内容ですが・・・(笑
JPなら6系統か102系統が乗りやすいですね。中型ロングということで、個性的な車両ではあります。

No title

今日の夕方、近鉄電車で京都に向かっている時、烏丸線の
竹田車庫の北側に市バスの廃車車両のたまり場がありました。
電車の車内から6253と6254があったのが確認できました。

なんと言いましても6076が廃車されたのが寂しい限りです。
よく西大路四条・西ノ京円町で、夕方16時から快速205運用の
6076が来るまでずっと待ち構えて、乗れた時は嬉しくて走行音を
録音したり、京都駅で撮影したりしていい思い出でした。
あの時代に戻れないと思うと心が痛くなります。

それと昨日の夜に四条堀川で発生した衝突炎上事故でぶつかった
車両が2650かもと思います。
Twitterで衝突バスに乗っていた方が撮影されていた画像に
「2650」と書いてありましたので。32系統かもと思います。

No title

すらいむさん

昨日、事故があったんですね。今日起きて知りました。まさかの2650のラッピング車でした。まあ私も4系統に乗っているときに府立医大病院前で運転士が慌てて急ブレーキをかけました。そのときには横断禁止のところに60代ぐらいの女性が渡ってきたので、「おい、そこ渡ってはいけないだろう!!」と言いました。その影響で私は未だに両脇と頭を強くうちました。その後は回復しましたが、西賀茂の車両に乗ると必ずハプニングが起こる予感がします。その他にもハプニングがありました。何だと思いますか?ヒントは野々神町で約1分停車しました。

No title

過去に廃車車両の競売がありましたが、
今回はどうなるかご存知ですか?

No title

keiさん

自分で調べられてはどうですか?

Re: No title

中立売さん
コメントありがとうございます。

近鉄から良く見える位置に置いてあるようですね。
近鉄に乗る機会はありませんが・・・(笑

6076の廃車も寂しいですね。
快速205はなかなか乗らないので、6076に乗車した回数もかなり少ない気はします。

大きな事故がありましたね。
あのくらいなら近いうちに復帰してくれると思いますが・・・。
ちなみに2650は梅津JRです。26系統の表示を出している画像を見かけました。

Re: No title

白江宙さん
コメントありがとうございます。

ラッピング車がこのような事故に巻き込まれると、いろいろ大変でしょうね。
4往路と特4往路の経路ミスでしょうか・・・いやわかりません(笑

Re: No title

keiさん
コメントありがとうございます。

残念ながらわかりません。
ただ、廃車体が車庫に残っていたり、竹田に留置されていたりというのは去年はなかったと思います。

Re: No title

大松さん
コメントありがとうございます。

調べてわかる内容でもありませんので、他人に聞くというのはひとつの方法とは思います。
ただ、僕が知っているはずもないことも事実ですが・・・(笑

たくさんのツーステに乗車!

すらいむさん

答えは、方向幕を間違えたらしく、野々神町で方向幕を換えて、通常の4系統の往路になりました。今日は、ツーステにたくさん乗車しました。九条の6398と6282と6412と九条京阪の6274と西賀茂の6235でした。6412は202乙系統で乗車しましたが、九条車庫前で入庫してしまいました。ツーステはリフト車やハイブリツーステも含めてあと48台しかないので、早めに車内を撮影したいところです。洛西は4台あって、あと1台だけです。

No title

大松さん

ここではそういった発言はいらないですよ。
あなたに聞いてませんので・・・

すらいむさん

過去に廃車車両の競売がありましたけど、第2の人生で活躍する迄に行かないのが現状です。
14~5年ならまだしも、20年選手となると競売は難しいでしょうね...
基本的に、京都市バスは廃車時に15条抹消となる為、原則として国内で再登録する事が出来ないそうです。
解体されるか、ミャンマー等海外で再稼働するかどちらかですね...
例外として、日野の中型レインボーが山口の宇部で活躍しているケースもありますよ。

No title

keiさん

あなたの投稿は意味のない私情の吐露の羅列と情報クレクレ君以外の何物でもないです。
一閲覧者としては、不愉快な想いをするものばかりです。

一度だけならまだしも、何度もギア鳴りがどうのこうのとか、誰かがあなたの言うことに耳を傾けるまで、しつこく書き続けるつもりなのでしょうか?
ギアが鳴ろうが、残ったんだから、もう意味のない書き込みは控えてはどうですか?

管理人さんへの質問かもしれませんが、大松さんにそのような失礼なものの言い方はないでしょう。謝罪すべきです。
私もあなたのような屁理屈のような言い返しは不快なもの以外、どうとも受け取れません。
あなた方2人のやりとりを見させられている苦痛の根幹として、どのように考えられているんですか?
自分さえよければ、あとは何がどうなろうといいということなんでしょうか?
私物化のごとく、あなたのくだらない質問を見させられている閲覧者のことも考えてください。


>管理人さんへ

このようなくだらない書き込みを防止するために、手間がかかると思いますが、フリーのメールアドレスを取得されて、受け付けてあげられないでしょうか?
keiさんに成り代わって、お願いさせていただきます。
keiさんは管理人さんとだけやりとりをできればいいと思っているようなので、大多数の閲覧者のために、検討願えますでしょうか。


>一閲覧者さん

市バスの中古車ですが、確かに宇部市で再登録されて活躍しているみたいですね。
ほかにも、いすゞのツーステが中国地方のスクールバスで活躍しているという話も聞いたことがあります。

No title

2650はすらいむさんのページで32系統の画像が多かったので
梅津直営かと思っていました。すいませんでした。

竹田にいた大量のツーステがもう、京都市内を走らないと思うと
時代も変わったんだなぁと、悲惨な気持ちになります。

去年の夏に、西大路三条で快速205の6076を待っていた所、
満員通過されて乗れなかったのが、最後でした。
6076は、梅津で居眠りタイムが多くて乗る事がなかなか
できなかったので残念です。

ところで4月3日に発生した四条堀川の乗用車炎上事故で
2650はどこが損傷したのかご存じの方、教えて下さい。

Re: たくさんのツーステに乗車!

白江宙さん
コメントありがとうございます。

なるほど、そういうことでしたか。
6412の202はいいですね・・・四条通の渋滞が酷いので、207にも期待したいところです。

Re: タイトルなし

一閲覧者さん
コメントありがとうございます。

海外で市バスカラーのまま走っている姿は、写真で時々見かけます。
臨8系統さんのおっしゃるように、確か6106辺りも走っていますね。

Re: No title

臨8系統さん、keiさん
コメントありがとうございます。

ご提案ありがとうございます。早速フリーアドレスを取得しました。
sr60681264@yahoo.co.jpです。僕個人へのメッセージはこちらにお願いします。
また、以前から用いているプライベート用のヤフーメールアドレスもあり、そちらをご存知の方は引き続きそちらへお願いします。万が一混乱されてはいけないので、一応この場で書かせて頂きました。

Re: No title

中立売さん
コメントありがとうございます。

6076は僕ももう少し乗りに行くべきだったなぁと後悔しています。

2650は2014年3月に梅津から梅津JRへ転属していますね。
事故では公式側前方のガラスが割れていたようです。

すらいむさん、臨8系統さん

貴重な情報有り難うございます。
調べてみましたが、お二方が仰る通り、いすずキュービックの6106号が福山でスクールバスとして活躍していますね。
以前のコメントで例外と言いましたが、16条抹消(一時抹消登録)と言いまして、15条抹消(永久抹消登録)とは違い廃車後に国内の他の事業者に売却する事が出来るそうです。
今わかる範囲で国内へ移籍されたのはレインボーとキュービックの2台だけでしょうね。
移籍された車両も末永い活躍を祈ります!!

移籍車はもう1台あります。

元京都市バスの車両で他の事業者で現役なのはもう1台あります。それは定期観光バスだった日野セレガ1978号車です。どうやら南国交通観光(鹿児島200か1362)となっているようです。

Re: タイトルなし

一閲覧者さん
コメントありがとうございます。

なるほど、そうでしたか。
例外があるというのは不思議に思います。
日本であっても外国であっても、元気に活躍してほしいものですね。

Re: 移籍車はもう1台あります。

C61-200さん
コメントありがとうございます。

観光車はすっかり忘れていました(笑
あれは本当にもったいなかったので、第2の人生を歩んでいるようで良かったです。

あれから半年

元横大路阪急の210と211が廃車して、丁度半年が経ちました。乗る機会がかなり無くて、最後に乗ったのは、去年の6月でした。最後に撮影したのは、今年の1月2日に横大路営業所に許可をいただいて、211は回送車のままで、210は京都市バスの方向幕を撮影したことです。もっと乗りたかったと今でも後悔しています。でも今ではCNGノンステやワンステやツーステに乗る機会が2014年度よりも増えています。

Re: あれから半年

白江宙さん
コメントありがとうございます。

僕にいたっては一度も乗れませんでしたからね・・・。
新幕での画像もありませんし、本当に後悔ばかりの車両でした。
プロフィール

すらいむ*

Author:すらいむ*
ラッピング一覧(9月30日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
訪問者