祇園祭2014

7w1.jpg
京都の夏の風物詩、祇園祭!!

今年は例年に無く経路変更の撮影を頑張りました。
ただバスばかり撮っていて、トップに使える山鉾と絡めた写真は撮り忘れました(笑

祇園祭は今年から古来より伝わる前祭と後祭が復活しました。そのため14日の経路変更が消滅、代わりに後祭の山鉾巡行の24日も、17日規模の経路変更が行われます。
今回は前祭の宵々山・宵山・山鉾巡行(15日~17日)と、後祭の山鉾巡行(24日)で撮影した写真を紹介します。

迂回経路の説明はざっくりなのでご了承ください(笑
迂回のおおまかな時間と対象は、宵々山と宵山が17時半から終発までの四条通と烏丸通、山鉾巡行が8時頃から14時頃まで(後祭は12時頃まで)の四条通・河原町通・御池通です。


前祭

7w2.jpg

7w3.jpg
こちらは3系統で梅津の1698、2001です。
宵々山と宵山は経路変更内容が同じなので、宵々山と宵山はまとめて宵山と表記します。また、巡行というのは山鉾巡行の日という意味で書いているのでご注意ください。
3系統は宵山が五条通、巡行は五条通と一時丸太町通へ迂回しました。
1698は堀川五条を右折しています。歩道橋が堀川五条の目印です。
堀川丸太町は右折系統が無いので新鮮です。まぁ3系統が来ているだけで十分違和感がありますが(笑



7w4.jpg
こちらは4系統で西賀茂の6243です。
4系統は巡行のみ川端通へ迂回しました。
川端丸太町を右折しています。ここは結構出てくるので、以後お見知りおきを・・・。
こういう経路変更感の沸かない写真が多いので、あまり期待しないでください(笑



7w5.jpg

7w6.jpg
こちらは5系統で九条京阪の74、1534です。
5系統は宵山が五条通、巡行は五条通と川端通へ迂回しました。
74のポイントは前から好きな場所です。交差点名が入る上に方角もよくわかりますからね。
1534は烏丸五条を左折しています。わかりにくい筆頭です(笑
宵山の5系統は社会実験5系統さながらですね。



7w7.jpg
こちらは10系統で梅津JRの1545です。
10系統は宵山が川端御池経由、巡行は川端丸太町経由で運行しました。
1545は宵山撮影で、川端御池を右折しています。普段は5系統岩倉行しか通らない所ですね。



7w8.jpg

7w9.jpg
こちらは11系統で梅津JRの6668、201です。
11系統は五条通へ迂回しました。
すべて五条通へ迂回しているのに、時刻によって迂回パターンが4種類あってとても複雑でした。
微妙に違う4種類に対応して運行するというのも大変でしょうね・・・。



7w10.jpg

7w11.jpg
こちらは12系統で西賀茂の906、6229です。
12系統は五条通へ迂回しました。
12や46・201・203・207も、堀川五条からどこまで五条通を走るかで4種類の迂回パターンがありました。
906は河原町五条を東進、6229は烏丸五条を西進しています。
6229は無理やり「五条」の文字を入れてみました(笑



7w12.jpg

7w13.jpg
こちらは13系統と臨13系統で横大路阪急の6515、1263です。
13・特13・臨13系統は四条大宮が起終点となりました。特出・特入系統は運休です。
みぶから直接出てくるので、四条大宮を右折するシーンが見られました。
13は朝に四条大宮発便がありますが、特13と臨13は貴重ですね。
臨13入の前の運用に2681が入っていて期待しましたが、運用が変わっていてMKミディになってしまいました(笑



7w14.jpg

7w15.jpg
こちらは15系統で西賀茂の514、1391です。
15系統は宵山が川端御池経由、巡行は丸太町通へ迂回し、さらに一時川端丸太町経由で運行しました。
衣笠操車のフェニックス初撮影が川端丸太町になるとは思いませんでした。
放送をどの時点で進めるかは運転手次第なので、同じ場所でも幕が異なっていることがよくあります。



7w16.jpg
こちらは17系統で錦林京都の2824です。
17系統は巡行のみ川端通へ迂回しました。
迂回区間でも各停留所に停車するということになっていますが、丸太町京阪前が無かったり、時々穴があります。

7w45.jpg
迂回時限定の川端松原停留所です。唐突ですみません。
以前ここを東8系統が通っていたので、ちょっとしたバスベイが残っています。



7w17.jpg

7w18.jpg
こちらは26系統で梅津JRの6421、6259です。
26系統は五条通へ迂回しました。
6421は烏丸五条を右折しています。普段は右奥から直進してきますね。



7w19.jpg
こちらは27系統で梅津の497です。
27系統は四条大宮が起終点となりました。
四条烏丸折り返し組の27・29・55は、宵山の昼から夕方のみ堀川五条経由の一方循環で四条烏丸を折り返していました。
写真は四条堀川を左折しているシーンです。
四条大宮起終点の時は四条大宮南詰で降車扱いし、堀川五条経由で四条大宮へ戻ります。
四条大宮発ではありますが、四条堀川の時点で既に幕を出していることが多かったです。



7w20.jpg
こちらは29系統で洛西近鉄の2044です。
29系統は四条大宮が起終点になりました。
27で説明した四条大宮を右折するシーンです。
27・29・55がこの形態をとるため、四条大宮を直進する55を撮ろうと思いましたが、55は北詰の正規の停留所で降車扱いするので、信号停車中に幕を回送車にしてしまう例が多かったです。



7w21.jpg
こちらは31系統で九条京阪の1398です。
31系統は宵山が三条通と御池通、巡行は五条通へ迂回しました。
1398は川端三条を左折しています。京都市役所→東山三条は5系統岩倉行と同じ経路ですね。



7w22.jpg
こちらは32系統で梅津の697です。
32系統は宵山が御池通、巡行は朝だけ御池通、以降五条通で一時川端通や烏丸通にも迂回しました。
写真は宵山の堀川御池を右折するシーンです。
御池通の32といえば社会実験32系統ですが、あれは烏丸から御池へ入っていたので、堀川御池を通るのは迂回時だけですね。



7w23.jpg

7w24.jpg
こちらは37系統で西賀茂の2069、1784です。
37系統は宵山が川端御池経由、巡行は川端丸太町経由で運行しました。
巡行は37などが川端三条を東から北へ右折するので、その光景もなかなか新鮮でした。



7w25.jpg
こちらは43系統で横大路阪急の2681です。
43系統は宵山のみ烏丸五条が起終点になりました。
写真は烏丸五条を右折するシーンです。四条烏丸行と大きく書いておきながら、四条烏丸に背を向けてここで営業終了という状況がなんとも言えません。この後七条大宮経由でみぶへ向かうようです。



7w26.jpg

7w27.jpg
こちらは46系統で西賀茂の6404、906です。
46系統は五条通へ迂回しました。
6404は烏丸五条を東進、906は河原町五条を西進しています。



7w28.jpg
こちらは50系統で九条京阪の2821です。
50系統は五条通へ迂回しました。
といっても迂回したいのは堀川~西洞院だけなので、四条と五条を繋ぐ堀川通の区間の方が長いです(笑



7w29.jpg

7w30.jpg
こちらは51系統で西賀茂の723、2053です。
51系統は宵山が川端通から河原町三条経由の一方循環、巡行は川端丸太町経由三条京阪行に変更となりました。
巡行では、幕に書いてある烏丸御池にも四条河原町にも行かないので、もはやまったく別の路線ですね(笑
723は烏丸御池を右折しています。交通規制時はどこも混雑しますが、河原町御池→烏丸御池は特に酷かったです。
トップ写真の烏丸丸太町を左折する51は、巡行の時の光景です。



7w32.jpg

7w33.jpg
こちらは59系統で梅津JRの6259、1176です。
59系統は宵山が川端御池経由、巡行は川端丸太町経由で運行しました。



7w34.jpg
こちらは65系統で九条京阪の1708です。
31と繋がっているので幕の都合上、川端三条を走る65が見られました。
三条通で31と65の離合が実現して、なかなか面白かったです。
31・65は迂回区間の放送をどこで進めるかによって、運賃が変わってきそうなものですね。



7w35.jpg
こちらは80系統で梅津JRの1685です。
80系統は宵山が三条通、巡行は川端通へ迂回しました。
宵山は祇園を直進する80を撮影するつもりでしたが、ちょっと億劫だったので川端三条にしました。
でも80の数分後に想定外の65が来てくれたので、結果オーライでした。



7w36.jpg
こちらは91系統で洛西近鉄の1170です。
91系統は四条堀川が起終点となりました。
91は三哲操車なので、四条堀川を右折して南詰で降車扱い、三哲から出てきた車両は28用の北行南詰で乗車扱いし、四条通に入ります。
写真は四条堀川を左折しているシーンです。
8系統も同様の運行形態でした。8は四条烏丸折り返し便が結構あるはずですが、この時だけは梅津と四条堀川をいちいち回送していたようです。



7w37.jpg
こちらは101系統で烏丸の932です。
101系統は巡行のみ五条通へ迂回しました。
宵山も一応同様の迂回経路が設定されていましたが、そこまで遅延が酷くなかったので、該当便はありませんでした。



7w38.jpg

7w39.jpg
こちらは201系統で梅津の500、1159です。
201系統は五条通へ迂回しました。
500は烏丸五条を東進しています。
巡行の朝からエルガType-Bが出ました。久々に創味の201が見られてちょっと嬉しいです(笑



7w40.jpg

7w41.jpg
こちらは203系統で錦林京都の6247、1489です。
203系統は五条通へ迂回しました。
巡行の朝からツーステが入ったのはサプライズでした。
京都バス委託になってから、203のブルシチが恒常化した代わりに、ツーステはめっきり見かけなくなりました。



7w42.jpg
こちらは205系統で九条の502です。
205系統は川端通へ迂回しました。
循環は創味で揃えてみました。まぁ207は撮れませんでしたが(笑



7w43.jpg

7w44.jpg
こちらは207系統で九条の6398、2016です。
207系統は五条通へ迂回しました。
207のツーステは久々でした。
僕が見たのはダイヤ改正日以来です。あの時は、これから207のツーステが増えるかもと思いましたが、大間違いでした(笑

これで市バスの迂回は終了です。長々とお疲れ様でした。次は京都バスです(笑



7w46.jpg
こちらは京都バス41系統で高野の30号車です。
41系統は四条河原町と岩倉村松を結び、高野車庫以南は出町柳駅→河原町今出川→四条河原町→三条京阪→出町柳駅という一方循環で、四条河原町から同じような一方循環の経路をとっている別系統に変わることもあるというユニークな路線です。
しかし交通規制時は一方循環が出来ないため、三条京阪止で運行していました。



7w47.jpg
こちらは京都バス64系統で嵐山の152号車です。
64系統は清滝と三条京阪を結び路線で、千本丸太町→二条駅→河原町御池→四条河原町→三条京阪→河原町三条の一方循環です。
巡行の迂回時は川端丸太町経由の三条京阪行となり、四条河原町の文字を抜いた専用表示が使用されます。
ただ、系統番号横の二条城の文字はそのままです。最寄の堀川丸太町は通過していた気がしますが・・・(笑

京都バスは川端丸太町で撮った2枚だけでした。ここから祇園祭に伴う臨時バスです。



7w48.jpg

7w49.jpg

7w50.jpg
こちらは西2系統の臨時便で洛西近鉄の2529、2671、1191です。
宵山の16日の夜、西ブロックの臨時便を撮影すべく桂駅へやって来ました。
西ブロックの臨時にはまったく縁が無く、今回初めて見ることが出来ました。
洛西近鉄の臨時札がこんなにたくさん見られるなんて・・・(笑



7w51.jpg

7w52.jpg
こちらは西5系統の臨時便で洛西近鉄の1191、1475です。
桂坂代表として西5の臨時も出ました。
西2は明徳高校輸送で時々臨時が出るようですが、西5となるとなかなか無いでしょうね。
1191は西5→西2という流れでした。
1475は21時以降に発車していましたが、星の坂ステッカーは貼っていませんでした。
実際は停車してそうなものですが(笑



7w53.jpg
こちらは特西3系統の臨時便で洛西近鉄の2671です。
夜が深まると、特西3の臨時まで出て来ました。
西2から流れた車両ですが、遅くまで粘った甲斐はありました。
10分毎に出ている特西3の間に走る臨時でさえこんなに乗っているわけですから、宵山の凄さを思い知らされますね。

これを撮って帰ろうとしたら・・・



7w54.jpg

7w55.jpg

7w56.jpg

7w57.jpg
こちらは西5系統の臨時便で洛西近鉄の6288です。
最後の最後に、最高のバスが登場しました。
西5のツーステというだけで念願のものですし、さらに入庫便で臨時便で純正車という・・・。
バスで感動を覚えたのは久々でした。29系統で316・6270・6080が連続でやって来た時の感動に匹敵すると思います(笑

6288を撮って浮かれながら帰宅しました。
この日は3系統の臨時に312が入ったようですね。23時過ぎに206乙四条大宮発の臨時も見ました。1796だったと思います。夜遅くまで熱い宵山でした。
もうちょっとだけ書きますが、やはり6288がクライマックスです(笑



7w58.jpg

7w59.jpg

7w60.jpg
こちらは四条河原町行臨時バスで西賀茂の1770、梅津の715、烏丸の6251です。
山鉾巡行恒例の臨205イ系統です。
3年ぶりに特製臨時急行札が復活しました。京都駅⇔河原町松原⇔四条河原町と書いてあります。
2011年は西賀茂1台だけが掲出していましたが、2014年は烏丸1台だけでした。
なので西賀茂から烏丸に3年かけて譲渡されたのでは?というのは冗談ですが、よく見たら違う札で、今年のは矢印の上に小さく「直行」の文字が加わっていました。というわけで新作札のようです(笑

3年前の記事を見返して思い出しましたが、西賀茂は運転席前に加えて、側面幕にも紙を貼り付けていましたね。
その上西賀茂だけ京都駅幕ですから、非常に浮いていました(笑



7w61.jpg

7w62.jpg

7w63.jpg

7w64.jpg
こちらは京都駅行臨時バスで西賀茂の2076、1770、梅津の715、九条の1721です。
2076・1770・6251・715・1721の順で5台で回していました。
ダブル運用×2の中休に、九条の1229と682が1往復だけ走ったようですが撮れませんでした。
1721と6251は復路も臨時幕のままで、ちょっとがっかりです。
烏丸は律儀に専用札を出したのに、幕は変えないんですね(笑




後祭

7w65.jpg

7w66.jpg
こちらは3系統で梅津の2001、1999です。
24日の3系統は朝の1時間だけ、烏丸通から丸太町通へ迂回していました。
烏丸丸太町を右折する3系統もこれまた新鮮です。
この後は17日と同じく堀川通経由になりました。



7w67.jpg
こちらは15系統で西賀茂の6243です。
15系統は17日同様、堀川丸太町経由で迂回していました。
御所をバックに15のツーステを撮れたのはラッキーでした。地味に西工の15は初めてです。
しかしこのすぐ後ろに6235が控えているのには気付かず、51を撮っている間に行ってしまいました。
15のツーステがほぼ団子とは・・・。



7w68.jpg
こちらは51系統で西賀茂の1554です。
トップ写真は烏丸丸太町左折シーンなので、逆に右折写真を撮ってみました。
正直、6235のほうが撮りたかったです(笑



7w69.jpg

7w70.jpg
こちらは43系統で横大路阪急の966です。
前から気になっていた巡行日の43を見て来ました。
四条烏丸西詰では降車扱い出来ないので、やはり北詰に停車しました。
四条烏丸を直進する43も見慣れない光景ですね。
この時はみぶと四条烏丸を丸太町通経由で回送していたようです。



7w71.jpg

7w72.jpg
こちらは四条河原町行臨時バスで西賀茂の1386、烏丸の6252です。
後祭巡行でも臨205イが運行されました。
烏丸の特製札は無くなってしまいました(笑


7w73.jpg

7w74.jpg

7w75.jpg

7w76.jpg

7w77.jpg

7w78.jpg
こちらは京都駅行臨時バスで西賀茂の1769、烏丸の6252、梅津の2867、九条の1255、1733、1196です。
24日は1769・1386・6252・2867・1255の5台で回していました。1733と1196は1往復だけの応援です。

本運用の5台すべてが京都駅幕を使用していました。
復路も臨時幕の車両は、そもそも臨205イの音合を使っていないだけなのかもしれませんね。



以上、フル活動した今年の祇園祭でした。

コメントの投稿

非公開コメント

No title

迂回運転関係については17日の昼前に81に6036が入ったことと、24日は学校があるからということで、今年は全然撮影できませんww
なので、この記事を待ちわびてました(笑)

臨205イの方向幕なんですが、西賀茂担当便に乗車したんですが、四条河原町の放送が入った時、自動的に京都駅幕に切り替えられていましたので、臨時幕で運行した営業所の車両はそもそも京都駅幕に切り替えれない、まさかの収録なし、ということも考えられますね。(まさかとは思いますが…)

No title

東8系統用の五条京阪前・川端松原・四条京阪前はこういう時に役立ちますね(笑)
普段は全く使われることはないですが・・・

Re: No title

快速きらら205号さん
コメントありがとうございます。

最近81のツーステが恒常化しているみたいですね。また撮りに行きたいと思います。
今年はわりに早く記事を作れてよかったです(笑

音合も京都駅幕も直営には入っていると思うのですが・・・。実際、九条の1229などは京都駅幕で走ったようです。
ひとつ考えられるのは、手動で切り替える必要のある幕も、事前にセットしておけば自動的に切り替えられるというのがあったはずなので、通常は臨時幕のまま復路も運行するものですが、便宜を図って京都駅幕をセットしていたのかもしれません。

Re: No title

keiさん
コメントありがとうございます。

年に数日活躍するなら、残しておく価値はありますね(笑
ただ、川端松原は四条京阪や五条京阪に比べてバスベイがやたら細いので、効果を発揮しているのか微妙ですが・・・。

No title

500の201系統、あったんですね!!
仕事が忙しくなかなか市バスを見る事も
できないので見たかったです。
あれ!?15系統って西賀茂に変わったんですね!!知らなかったです。
500って普段も快速205以外で201で走っているんでしょうか?

前に6076の生活をお尋ねしましたが
快速予備車の313・314・501も普段何系統で走っているか
ご存じなら教えて下さったら幸いです。

Re: No title

中立売さん
コメントありがとうございます。

祇園祭の遅延でようやく500の201が見られました。
普段は500含め3ケタのエルガはほとんど201に入りませんね。
祇園祭のような遅延が酷い日には499~501、714、314、可能性は少し低くなりますが313も出てくることがあるかもしれません。
314、499~501、714は一応201用車なはずなので、遅延時の201に入るか、普段は外大~みぶの回送が多いと思います。乗るのは難しいですね。
313は32用車と201用車の中間みたいな存在なので、32や27、特205でもたまに見られそうです。

No title

祇園祭りの烏丸五条発着の43は三哲ではなく壬生入出庫になります。(七条通り~大宮通りを回送)三哲には横大路車の入る余地がないためです。

お久し振りです。
僕も314・499~501は普段立命館ダイレクトや快速以外ではほぼ見かけない気がします。
日中は車庫で寝ていることも多く稼働率も悪いようで、それが予備車としての運命なのかもしれませんが、廃車寸前の車両じゃあるまいし、もっと第一線で活躍させてあげたらいいのにな、と思ってしまいます。

Re: No title

かつさん
コメントありがとうございます。

安易な発想で数年前から迂回時は三哲と思い込んでいましたが、みぶ操車なのですね。訂正しておきます。
今年から三哲は京阪と近鉄だけになったんでしたかね。臨206用に1台くらい阪急も入れてくれてもと思いますが・・・(笑

Re: タイトルなし

縦大路バスターミナルさん
コメントありがとうございます。

梅津は車両が多すぎる気がしてなりません。
予備車となるといよいよ動かないので、もったいないです。
創味のラッピングなのに車庫で寝てばかりでは、創味もつらいですよね。
プロフィール

すらいむ*

Author:すらいむ*
ラッピング一覧(8月11日)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
訪問者